HOME > 自己紹介 > 処理を受けた人達の声

ホームページ移転のお知らせ

華天(てんのはな)にご来訪頂きありがとうございます。
2018年7月よりホームページは下記URLへ移転しました。
数秒後、自動的に新ページへ移動します
https://katenhana.wixsite.com/tennohana/koe
引き続き、華天(てんのはな)をよろしくお願いいたします。

大地と木

処理を受けた人達の声




丸いアイコン相談者Cさん(30代・女性)丸いアイコン

私は主人と出会う前に何人かの方との出会いがありましたが、
全て結婚には至りませんでした。 その都度、安齋さんには体の調子が悪い時は視て処理をして頂いたり悩みを聞いて頂いたり、どうしたらうまく進んでいくかアドバイスを頂いたりしていました。 しかし結婚に至る方はおらず、どうしたら縁のある方と出会えるのか焦るばかりでした。

そんな時「こういった所で出会いがある」と安齋さんが言ってくださいました。なかなか一歩を踏み出せなかった私に厳しく助言してくださり、ようやく(主人と)出会うことができました。

すぐに結婚を考えてのお付き合いが始まりました。安齋さんには時々アドバイスを頂いたり、報告したりしながら見守って頂きました。 一年たたないうちに入籍に至り今では幸福一杯な結婚生活を送っています。先生との出会いには心から感謝しています。

Cさんのお母様より一言
安齋さんにお世話になってから約10年。家族の健康や進路など、さまざまな事を相談させて頂き今に至っています。おかげさまで家庭も安定し娘夫婦は互いに思いやり良い家庭を作っています。 安齋先生、これからもどうぞよろしくお願いいたします。





丸いアイコン相談者Dさん(30代・女性)丸いアイコン

19歳の時に突然体調を崩し、専門学校に入学してから2週間で
学校に行けなくなり自主退学しました。 毎日のように様々な科の病院に通う日々、色々な体の不調から精神的バランスを崩し、
家族のすすめで精神科にも通い薬漬けの日々でした。

それでも体調は改善せず、心臓の薬まで飲んでいました。
眠れず食べれず外出も一人ではほとんどできず、
自分自身や周りの人達を傷つけるような言動・行動を
20代半ばまで繰り返していました。

そんなある日、たまたま体の痛みを取るため通院していた治療院で突然の巡り合わせがあり、先生との出会いがありました。
身のまわり、自分自身・色々なところを視て頂き処理やカウンセリングをして頂きました。 すると少しずつ食事が摂れるようになり、外出も出来るようになりました。 それまではなかなか仕事にも就けなかったのですが、今では仕事も続けられるようになり、外出や人と会うことも障害なくできるようになりました。

毎日死ぬことばかりを考え、辛くもがいていた約8年。
今は結婚もして日々感謝を忘れず過ごす日々です。
今も何かあるごとに相談させて頂いています。 本当に先生との出会いに感謝しています。ありがとうございました。
先生、これからもよろしくお願いいたします。





丸いアイコン相談者Eさん(40代・女性)丸いアイコン

私が先生と初めて出会ったのは妊娠8か月の時でした。
39歳で初めて授かった子に早く会えるのを待ち望んでいる、
そんな時期でした。 お腹の赤ちゃんは順調に育っていましたが
妊娠当初からお腹の張りがひどく、薬を飲み横になっていることがよくありました。

先生は私のお腹に手を当て開口一番「産まれたくない!本当に産まれていいの?」と言っていますよと言われました。私はあまりの驚きにポロポロと涙が溢れてきました。

実は10年以上長く苦しい不妊治療を続け、結果自然に授かった子ですが、 ある事情で1人で産み育てる決心をしました。
決心するまでの間たくさんの涙を流し悩んでいた気持ちが
赤ちゃんに伝わってしまったんだなと感じました。

先生からのアドバイスを受け、毎日お腹にむかって
「待ってるからね、安心して産まれてきてね。心配しなくていいよ、大丈夫。」と話しかけてからはお腹の張りはなくなり、
予定日から3日遅れでしたが自然分娩で3,230gの元気な女の子を授かりました。

病室から先生にお礼の電話と共にいくつかの候補の中から『大きな病気やけがも無くママと仲良しの名前』を付けて頂きました。また赤ちゃんの時、言葉も話せず泣き続ける娘の相談をした時も「頭をなでなでしてもらうと安心するみたい。だからたくさんやってみて」とアドバイスを受け育児中の私の強い味方です。

先生にはその他たくさんの事を視て頂きました。
代々続くご先祖様や土地の事。その事から起きる私達の病気や試練。家族1人1人の前世の話。すべてを見透かされ、時には優しく時には厳しい言葉でアドバイスを頂きました。先生にお会いするとなんでもわかってしまうので隠し事はできません。(笑)

そういえばこんな事もありました。私の祖母が亡くなった時、父に先生からお電話を頂き、「お母さんが子供の時のように手をつなぎたいと言っています。右手をつないでください。」と言われ、
父は亡骸の祖母の手をしっかり握りました。「それから紺のお気に入りの浴衣を棺に入れて欲しいそうです。」と言われ、聞いた私たちはびっくり。祖母が生前大好きで着ていたからです。

今でも家族全員、人生の岐路に立った時、悩んだりうまくいかない時は必ず先生に進むべき路を教えて頂いています。先生には感謝の気持ちでいっぱいです。